2009年04月02日

桜田 京都

京都のお店に詳しいMさんが、何度もリピートしているという桜田さんに行ってきました。佐々木、秋山、イルギオットーネなど、いくつか候補があったものの、どこも満席。そんな時、Mさんが教えてくれた桜田に電話すると、すぐに席が取れました。予約が取れない店として有名な桜田でも、タイミングによってはすんなり取れる。そんなもんなんでしょうか。

店の前で暖簾の写真を撮っていると、横の戸からご主人が現れて、「あっ、こんにちは」。人気和食店のご主人とは思えないほどの、気楽な挨拶でした。玄関に入るとお香の香りでいっぱい。今度は女将さんが「カウンターにします?テーブルにします?」と聞きながら、上着を受け取ってくれます。まさかこの場で選べると思ってなかったので、ちょっとビックリ。さすがに不景気だからか、たまたまなのか、席が空いているようです。

09022701.JPG

まずは、梅こぶ茶を出してくれます。京都の2月は空気が冷たい。ずっと外を歩いて来て店内に入り、この1杯。生き返るような気がします。酒のメニューは日本酒中心。ビールはサッポロ、サントリーなどがあります。メニューを見ていると、おしるしの酒として、にごり酒が出てきます。みなさんキチンと和服を着て、テキパキとしつつ丁寧な接客。もうこの段階でファンになってしまいそうです。

09022702.JPG

人形の入れ物を開けると先付けが入ってます。ホワイトアスパラ、グリーンアスパラ、赤貝、ホタテ。アスパラとホタテは特にうまかった。野菜と魚介、どういうものを出しているかこれだけでもう分かった気がします。これは予想以上にすごい店だ。次に出てきた椀物、アブラメとよもぎのくず豆腐はかすかに山椒が効いています。前日のたん熊北店とはまた違う、輪郭がはっきりとした味付けが気持ちいい。

09022703.JPG

ビールはサントリーのプレミアム・モルツを注文。はじめての店なので日本酒はやめといて、ビールで様子をみることにします。

09022704.JPG

鯛、イカ、シビのお造り。シビはマグロの小さいもの。アッサリとした赤身です。イカは細かく包丁が入っていて、なかなかウマイ。でも刺身はたん熊の勝ちですね。コッチは昼で、アッチは夜という違いはありますが、やっぱり素材が違います。

09022705.JPG

09022706.JPG

春のお寿司は、百人一首のカワイイ入れ物に入っています。玉子はふわふわ。椎茸、つくし、フキノトウが小さな入れ物に少しずつ盛られています。中にももう1段ウナギが入っているのもいい。これは気持ちだけの小さなお寿司でした。

09022707.JPG

菜の花とウニは、酢が効いていてうまい。魚はサワラとイワシ。サワラは完璧な焼き加減で、見た目にも美しい。玉子と白身魚のカステラの上には、花形の京ニンジンと大和芋。器もキレイだし、隙のない八寸です。

09022708.JPG

エビと芽イモと煮こごり酢。上に載ってるのは浜防風(はまぼうふう)。これは酸っぱくてお口直しのような感じ。

09022709.JPG

新筍とワカメとフキの炊き合わせ。キメが細かく香りのいい筍。フキも美味しい。これも軽く山椒が振ってあります。桜田もたん熊も、その前に食べに行った石かわも、山椒をきかせた料理が多かった。新山椒が出た後とはいえ、2品も3品も続けなくていいのになとは思います。

09022710.JPG

09022711.JPG

炊き込みご飯はユリネ、ニンジン、セリ、ミョウガの混ぜご飯。ご飯はやわらかめですが、これが京風なのかなと思います。何度も引き合いに出しますが、たん熊もご飯は柔らかくて「失敗かな?」と思ったほどでした。でも桜田のこのご飯を食べると、これはそういうものなんだと納得がいきました。味噌汁は八丁味噌とシジミの味噌汁。これは香りがよくておいしい。漬物もかなりおいしい。京都の店は漬物がうまいところが多いですね。ユリネはいくらでも食べれるほどです。ご飯はもちろんおかわりします。これはたまりません。

09022712.JPG

09022713.JPG

09022714.JPG

ランチは5,000円、7,000円、10,000円の3コースがあって、予約時に決めます。ランチとしては高い値段設定ですが、デザートと抹茶がつく10,000円のコースにしました。デザートは豆乳のプリン、イチゴ、デコポンのゼリー。お菓子は自家製で山芋でできてます。

気兼ねのないキチンとした接客、気のきいた器、そしてはっきりとした個性のある美味しい料理。値段は高いけれども、それに見合うだけの満足度があります。桜田の料理はうまい。はっきり言って東京の三ツ星より上だと思います。こんな店がそこらへんにあるとしたら、京都はやっぱりすごいですね。瓢亭、たん熊、なか川、桜田と京都の店はほとんどお気に入りになっていきます。


■店名:桜田 (さくらだ)
■住所:京都府京都市下京区烏丸仏光寺東入ル一筋下ル匂天神町634-2
■電話:075-371-2552
■営業時間:11:30~13:30、17:00~19:30
■定休日:火曜日
2009.02.27


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/495

コメント

おはようございますー。
桜田さん、早春のメニューもいいですねー。

京都の筍、食べたい(笑)

くにさんの写真にかかると、
器がいっそう映えますね。

目の保養になりました・・笑

百人一首寿司、可愛いね(笑)。
小宇宙を感じます。
他のお皿にもそれに似たような感慨を持つですねー。

◆M(エム)さん
いい店を教えていただきありがとうございます!
たまたま空いていてよかったです。料理は最高でした!
京都の筍もうまいですね~。また新筍食べたいです。

◆まさぴ。さん
桜田は器が気が利いているんですよね。接客もいいし、とてもいい店です。料理は洗練されていて今風です。どれもこれも印象に残る皿ばかりでした。

こんばんは。

桜田さんは器が、たん熊さんに比べて眼を楽しませてくれますね。その分、盛りつけはたん熊さんに比べて控え目な気がします。

まぜごはん、本当に美味しそうです!!私が物知らずなだけなのですが、ゆりねも混ぜご飯にできるのですね。家で試してみたいです。

◆はーるんさん
桜田さん器も料理もきれいでした。
京都に行かれたらぜひ一度!

こんにちは。
私も桜田さんに行きました。
やはり高いコースの方が楽しめるという感じがしました。
穴子の蒸し寿司が良かったです。

◆グルメファイターさん
桜田いいですよね。高いコースの方が楽しめる・・確かにそうかもしれません。一皿一皿どれもキレイでおいしかったです。、

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)