2009年12月04日

ラーメン二郎 千住大橋駅前店

今年の4月にオープンしたラーメン二郎の新店、千住大橋駅前店。オープンから半年ほど経って初訪問した。いつからか、新店オープンの日に二郎に行かなくなってしまった。二郎の新店オープンの日は、二郎ファンにとって一大イベントだ。各店の店主が応援に駆けつけ、各店の常連同士が顔を合わせる。もちろんそこには三田のおやじさんの姿もある。かなり早い時間に並ばないと売切れてしまうので、みんな朝早くから大行列を作る。今まで見たこともない200人の行列。その行列も普段とは雰囲気が違っていて、お祭りムード。新たな二郎店主に対する祝福と期待で、周囲は暖かな空気に包まれている。この大行列も年々エスカレートしてきて、今では徹夜する人もいるらしい。どうも最近の行列には参加する気になれず、しばらくオープン日に行っていない。あの嬉しそうなおやじさんの顔を見るだけでも、並んだ甲斐があるとは思うのだが。

ラーメン二郎 千住大橋駅前店

ラーメン二郎 麺

ラーメン二郎 豚
もう開店から半年経っているので、味も落ち付いた頃だろう。二郎の新店はスープが安定しない。どこの店もオープン日にうまかったことはないが、そこはみんな分かっていて記念に食べに来る。でもそれから半年、そろそろ店の個性も出来上がって、オペレーションも慣れた頃だろう。

店先に数人の行列があった。人気店だと聞いてきたが、時間帯がよかったのだろうか。野菜はモヤシとキャベツ、7:3くらいの割合。キャベツが細切りになっているのがいい。この切り方だと、キャベツとモヤシがアブラやニンニクと絡みやすく、おいしさが増す。二郎の楽しみの一つは、野菜をスープに浸して、アブラを絡ませて食べるところから始まる。何故誰もこのうまさについて書かないのだろう。二郎の魅力は、太麺やドカ盛りだけにあるのではない。まずはスープに浸して野菜だけを食べてみて欲しい。二郎はそこからだと、僕は思う。千住大橋駅前店は、盛られた野菜にアブラがよく絡んでいる。このうまさは、たまらない。

麺は昔の神田神保町店に似た感じで、それよりもやや細め。ボリュームも少なめだ。小麦が詰まったような、しっかりとした旨みを感じる。この麺は二郎の最高峰だろう。個人的にはもう少し太い方が好みだが、このくらいの太さの方が一般受けするのではないだろうか。

ラーメン二郎 豚

ラーメン二郎

ラーメン二郎 千住大橋駅前店
豚はまずまずの出来。脂身がうまく、見た目以上のおいしさだ。タレの味がよくのって甘辛い。僕が好きなタイプの豚だ。

千住大橋駅前店の名の通り、ほんとうに駅前にある。千住大橋駅に降り立つと、駅のホームに二郎臭が漂ってくる。これは尋常ではない。さすがに駅のホームでこの匂いを嗅いだのははじめてだ。こんなところに住んでいたら、二郎を無視して帰宅できないだろう。常習性のある二郎。特に「二郎臭」と呼ばれるこの匂いを嗅いででしまうと、絶対に食べたくなってしまう。そのまま、まっすぐに帰宅するのは難しいだろう。


【関連記事】
ラーメン二郎 三田本店
ラーメン 富士丸 神谷本店 赤羽
ラーメン二郎 神田神保町店
ラーメン 富士丸 板橋南町店
ラーメン二郎 三田本店

ラーメン二郎 訪問記
ラーメン二郎 千住大橋駅前店

■店名:ラーメン二郎 千住大橋駅前店
■住所:東京都足立区千住橋戸町10-8
■電話:03-3351-4351
■営業時間:11:00~14:00/18:00~21:00、土11:00~15:00
■定休日:日曜・祝日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/626

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)