投稿日:  浅草 両国 錦糸町

井のなか 錦糸町

恒例の?築地王さん浜田さんと飲み歩く、第2回目です。他にどなたを誘おうかと考えているとコチラの女性が開店日に手伝った程の「井のなか」常連であることが判明。この機会にお二人にご紹介しました。

料理は全て築地王さん経由の「工藤さんにおまかせ」。お酒も「工藤さんにおまかせ」ということで、酒と料理の相性も抜群。

お店は閉店時間までずっと忙しい状態。店主の工藤さんはそんな忙しい中、いろいろとお話をしに来て下さいます。面白かったのが、濁り酒を静かに注いだ時と高いところから荒々しく注いだ時で味が変わるというのを実演してくれたこと。これは工藤さんがいろいろ試して飲んでみて発見したそうです。いろんなことを教えて頂きましたが、酒や料理に対する並々ならぬこだわりを垣間見ることが出来ました。

070914b01.jpg
この日、築地王さんが「最近築地でもマグロがよくない」と教えて下さいました。工藤さんも同様に「マグロがよくないんですよ」と言っていましたが、なんとこの刺身盛りはマグロ抜き!そういう理由で、刺身盛りのメイン的な存在のマグロを入れないんですね。ほんとに真剣に料理に取り組んでいるだなあと感心させられました。

070914b02.jpg
まずは前菜。一つ一つがこだわりの品です。これだけで相当酒が飲めそう。酒を前提に料理が組み立てられているようです。この日の朝、築地で見つけたというアワビの肝はものすごく濃厚。これは日本酒が進みます。

070914b03.jpg
レバーペースト。これも旨い。マイミクの店員さんから「アルキメーデで重シェフに教わったメニューが出るかも」と聞いていました。これはアルキメーデ流なのでしょうか。

070914b04.jpg
豚のレバー。これはすごい。歯応えがたまりません。

070914b05.jpg
鹿熊豚骨付きブロックの鍋。

070914b06.jpg
築地王さんが取り分けて下さいます。なんて贅沢なんでしょう。

肉もスープも超旨い!ああ、麺を入れたい。。

070914b07.jpg
鹿熊豚のロースト。

これは野菜も美味しい一品です。特にニンジンが美味しかった。長島農園の野菜なんだそうです。肉も野菜も調理が絶妙です。

070914b08.jpg

070914b09.jpg

070914b10.jpg
シメのうどんが細くてびっくり。これは意外な美味しさでした。

070914b11.jpg

070914b12.jpg

【参加者】
「築地市場を食べつくせ!」築地王さん
「居酒屋礼賛」浜田さん
「いずへいのうまいもん日記」いずへいさん

■店名:井のなか
■住所:東京都墨田区錦糸2-5-2
■電話:03-3622-1715
■営業時間:17:00~23:30
■定休日:日曜日・祝日


大きな地図で見る