投稿日:  和食 寿司, 京都

京都 祇園 割烹 なか川

京都の料亭・割烹とサントリーとのコラボ企画「京都の料亭 割烹特集」です。僕自身、京都にはあまり行ったことがないし、京料理もそれほど食べていません。東京で食べれる高級な和食と京都の料亭や割烹で食べる京料理とはどう違うのか?折角お誘い頂いたのでその辺をしっかり勉強してきたいと思います。1店目は鱧(はも)料理で有名な「割烹 なか川」。料理にも衝撃を受けましたが、ご主人のお人柄にも衝撃?ここは絶対にカウンターがオススメ。ご主人の素晴らしいトークが堪能できます。

080913a01.JPG
鱧(ハモ)のたたき
なか川といえば鱧。面倒な下処理も完璧にこなして提供されます。これほど上質な鱧は京都でも他では味わえない代物だそうです。

080913a02.JPG
付出しも出てきたし、とりあえずプレミアムモルツで乾杯!割烹の繊細な味付けにはプレモルのようにしっかりした味のビールがよく合います。

080913a03.JPG

080913a04.JPG
付出しは3種。どれも繊細な味付けで仕込みは完璧。

080913a05.JPG
その仕込みはこんな感じで若い店員さんたちに任されています。なか川は若い方が多く、接客もキチンとしていて感心しました。

080913a06.JPG
すっぽん土瓶蒸し
これはウマい!コクがあって味わい深い最高のダシです。

080913a07.JPG
鴨まんじゅう
鴨を山芋とゆりねで包んで揚げたもの。表面はおかきのようになっていて、中身はジューシーな鴨まんじゅう。面白い料理です。

080913a08.JPG
子持ち鮎の塩焼き
これもうまい!大きな声で「うまい~!」と叫びたいくらいうまいです。元々鮎好きというのもありますが、小ぶりの鮎の美味しさは格別ですね。しかも子持ちは最高!頭からガブッっといきました。

080913a09.JPG
鱧しゃぶ

080913a10.JPG

080913a11.JPG
カウンターからご主人自ら鍋に入れてくれます。このタイミングが絶妙で、すぐに氷でシメて梅肉でいただきます。これが唸るほどのうまさ。こんな鱧ははじめて食べました。今回で鱧が一気に好きになるほどの衝撃!なか川はすごい割烹ですね。

080913a12.JPG
最後は雑炊で。やはり最後は雑炊でシメるのがいいですね。旨味がぎゅっとツマった感じのご飯がたまりません。

080913a13.JPG
「割烹 なか川」。いや、すごい店です。これだけのボリューム(写真はかなり省いてます)とクオリティーの高さ!これが12,000円のコースですから安く感じてしまいます。東京と比べるとどうでしょうか。鱧をこれほど美味しく食べさせる和食の店も少ないので比較のしようはないですね。京都に来たら「割烹 なか川」にぜひ寄ってみてください。カウンターがオススメです!


関西の人気ブロガーさん達が、

有名な料亭・割烹を訪れて記事にしています。

その記事は・・


コチラ!

なぜカウンターがオススメなのか、ブログではちょっと・・(笑)




京都の料亭 割烹特集:サントリーグルメガイド
■店名:割烹 なか川
■住所:京都府京都市東山区祇園花見小路通新橋東入る
■TEL:075-541-0552

[map_tb:京都府京都市東山区祇園花見小路通新橋東入る]