2006年12月30日

ラーメン居酒屋 呉朝明(ごちょうめい) 福岡

帰省途中に博多で食べた2杯目のラーメンは「呉朝明」です。「呉朝明」は僕が10代の頃よく通った店。焼きワンタンと、ゆでワンタンが有名です。ラーメンもワンタンも、その他の料理も美味しく、メニューが豊富。お酒も多く揃っていて非常に魅力的なお店です。全国的な知名度はあまりないようですが、福岡では名が知れてきました。自分で見つけたお店が有名になったのはここが初めて。博多で1店あげろと言われれば迷わず「呉朝明」です。

06123001b.jpg
ラーメンは醤油の入った豚骨ラーメン。分類では長浜ラーメンということになると思います。トロミが少し強めでコクのあるスープ。具材はキクラゲ、ネギ、ゴマ。おばあちゃんがまだ現役でお店にいて、ラーメンの作り方などいろいろ教えてもらい、楽しくお喋りできました。材料は黒豚のゲンコツのみ。以前、ゲンコツが不足した頃に鶏がらの使用を試みましたが、ゲンコツに負けるため使わなくなったそうです。九州ラーメンでよく使う豚頭については、血がたくさん出て処理が大変なので使わないとのこと。博多の人気店と比べても、「呉朝明」は負けていないと思います。

06123002b.jpg
ゆでワンタン

06123003b.jpg
焼きワンタン

06123005b.jpg
もやしバター

06123006b.jpg
砂ずりピーマン。砂ずりとピーマンは合いますね。お酒にもよく合います。

06123004b.jpg
ワンタンは酢醤油と柚子胡椒でいただきます。

【コメント】
焼きワンタンと ゆでワンタンが有名。酢醤油と柚子胡椒で食べる。ラーメンは格別の旨さ。具はキクラゲ、ネギ、ゴマ。トロミのあるスープ。黒豚のゲンコツのみ使用。醤油が入っている。酔鯨は先日、下北沢の炭火田楽で飲んだ最近のお気に入り。昇龍は独特の風味。

【注文したもの】
ラーメン( 630円)、焼きワンタン(525円) 、ゆでワンタン(525円) 、もやしバター(367円)、砂ずりピーマン(577円)、菊水(新潟)(525円)、酔鯨(高知)(630円)、昇龍(黒糖古酒)(奄美)(630円)

【お店データ】
■住所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-6-12
■最寄駅:地下鉄空港線 天神駅、赤坂駅 徒歩10分
■営業時間:17:00~翌1:00
■定休日:日曜

福岡県福岡市中央区舞鶴1-6-12


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/45

コメント

ここのラーメンって、九州ラーメンにしては、少しスープが透き通っているような気がする?
写真だけ見ると京都系の味を脳裏に浮かべちゃうなぁ。

>ヒロキエさん
今回僕も認識を新たにしたんですが、九州ラーメンはこういうのも結構あるようです。むしろ白濁したのは博多ラーメンくらいで、博多ラーメンでもかなり醤油が入ってるものがあります。呉朝明くらいまでいくと長浜ラーメンを通り越してるのかもしれませんが。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)