2007年07月30日

第10回フードジャーナリスト会議 東京カリ~番長!

070726a01.jpg
今回は「東京カリ~番長」の水野仁輔さんがゲストスピーカー。「東京カリ~番長」は4人組のユニットで水野さんは調理担当。ユニットとはいえ、実態は「東京カリ~番長=水野さん」という認識でよさそうです。
「東京カリ~番長のブログカレー」

フードジャーナリスト会議の時は、ご飯を食べずに会場に行くので、遅くまで何も食べないのが普通です。今回はなんと水野さんが作ったカレーが会場で振舞われました。『喝采!家カレー』の表紙になっている「一晩漬け込むポークカレー」です。下の方に写真がありますのでご覧下さい。

今回は水野さんとカメラマンの今清水隆宏さんのお二人のお話が聞けました。今清水さんは『喝采!家カレー』の写真を担当されたカメラマンさんで、以前フードジャーナリスト会議でスピーカーもされた方です。本の中に出てくる写真をプロジェクターで見せながら、写真を撮るコツなどを話して下さいました。写真に興味のある僕としては、今清水さんのお話もかなり興味深く拝聴しました。

070726a02.jpg
会場は今回もビッシリ!最近ブロガー軍団はメンバーが固定化されていましたが、この日は新メンバー含めたくさん参加していました。顔見知りのお友達ブロガーばかりでいつものオフ会みたいになってました。

070726a03.jpg
今回も多くのお土産が用意されていましたが、『喝采!家カレー』もその中に
ありました。まだ買ってなかったので、これはラッキー♪

070726a04.jpg
この入れ物はかっぱ橋のお店で作ってもらったものだそうです。水野さんが自分が欲しい箱を注文したとのこと。『喝采!家カレー』のデザイナー高市さんのデザインだそうです。

070726a05.jpg
中はこんな感じ。『喝采!家カレー』がぴったりと納まっています。

さて、会議の方は水野さんの「東京カリ~番長」の結成時の話やこれまでの活動についてのお話、どのような発想でレシピを作っているかなど、楽しいトークが繰り広げられました。

今清水さんのコーナーでは、撮影の基本的なお話やどのようなことに配慮して撮影しているかなど、『喝采!家カレー』の写真を例に詳細なレクチャーがありました。

それでは、当日振舞われた「一晩漬け込むポークカレー」です。

070726a06.jpg

070726a07.jpg

070726a08.jpg
見るからに美味しそうですが、見た目だけじゃなくほんとに美味しい!

会議後はみんなでお食事会。その様子は次回報告します。

【以前の記事】
第9回フードジャーナリスト会議 ミシュラン!!
第8回フードジャーナリスト会議に出席!


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/125

コメント

望遠ズーム、ブレずにバッチリ撮れてますね!
私の場合、最後列から3倍ズームではブレるし小さいし
ぜんぜんダメでした・・・☆

ちなみに最後列は「缶」の数が足りなくて中身だけが
机上に置いてあり、途中で缶も「すみませんでした~」と
配ってくれたのですが、それにも中身が入っていたので
得しちゃった♪・・・というのはヒミツです(笑)

写真、美味そうに撮れているねぇ~!
このカレーは本当に美味しかった。
お替りしたかったよなぁ。

◆つきじろうさん
ズームじゃないですよ~^^;
そうそう、缶の中にも入ってたんですよね。あの缶はいい記念になりますね♪

◆ヒロキエさん
ありがとうございます。
僕のブログは写真をもっと頑張らないといけないですよ。やまけんさんにもいろいろ教わったので、最近自分なりにいろいろ工夫してます。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)