2009年05月20日

IL GHIOTTONE(イル ギオットーネ)  丸の内店

昨年、三越に入っていたイルギオットーネクチネリアに行ったのですが、これが意外とおいしかったので、一度丸の内にも行ってみたいと思っていました。披露宴の打ち合わせも兼ねての食事会。イルギオットーネが候補にあがったので、ようやく訪問することができました。

イルギオットーネは、かなり女性に人気がある店のようで、僕の周りでもこの店の評判はよく聞きます。そもそも女性は京都とイタリアンが好きなんですね。イルギオットーネは京都のイタリアンということで、女性に人気があるのはあたりまえ、なのかもしれません。

DJくんのために、個室を予約してゆったり食事を楽しむことにしました。メンバーはコチラのご夫妻と合計7人。コースは5,000円、7,500円、10,000円の3種類ありましたが、話合いの結果、真ん中の7,500円のコースにしました。

09021501.JPG
蓮根のポルペッティーネ 生うにと三つ葉のズッパ

09021502.JPG
軽く炙った寒ブリと2色のかぶら 「かぶら蒸し仕立て」ボッタルガ添え

09021503.JPG
ちょっと風変わりなオマール海老のサルティンボッカ エンドウ豆のクレマと温泉卵 黒トリュフの香り

はじめの3皿は、和のテイストで繊細な味付け。香りや食感の微妙なバランスは心地よいほどです。食事会はDJくん中心に楽しいお話が続きます。食事はここまではよかったのですが、後半次第にもたれてきます。一皿一皿は、それほどこってりしているわけではないのに、なぜでしょうか。

09021504.JPG
アンコウと葉玉葱バベッティーネ 自家製セミドライトマトのソースで

09021505.JPG
猪のサルシッテャと黒キャベツのリゾット

09021506.JPG
牛ホホ肉のブラッサート 京都丸大根の含め煮と菜の花

後半になってくるともたれてきて、疲れに似た感覚になってきていました。この後お口直しのドルチェですが、もう少し前にサッパリするものを一つ出してくれると、後半の気分が違ったかもしれません。前半の軽く華やかな感じが、どうして後半になるとこれほど重くなってしまうのか。味がすごくいいだけに、コースのバランスの悪さが残念でなりません。

そうはいっても、イル ギオットーネは東京のイタリアンの中で、Volo Cosi (ヴォーロ・コズィ)ラ・グラディスカなどと並んで、僕のお気に入りの一つになりました。高級店にしては値段も控えめなので、今年何度も利用することになると思います。

■店名:IL GHIOTTONE(イル ギオットーネ)  丸の内店
■住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 1F
■電話:03-5220-2006
■営業時間:11:00~14:00、18:00~22:00
■定休日:不定休
2009.02.15

東京都千代田区丸の内2-7-3


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/479

コメント

このお店はお料理が可愛いので、女の子同士で行くと喜ばれます~。

私も今後も利用しようと思ってます。

◆天然プチトマ子さん
ここは女子人気高いですよね。繊細だけど、もう少し軽いと尚いいです。

こんばんは。

お写真を拝見している限りでは、重たい印象は見受けられないのですが、食べてみないとわからないものなのですね。それにしても彩りが多彩でキレイですね~☆そのへんも女性に人気の理由のひとつなのでしょうか??

しかし、コース料理は組み立てがそれほどまでに難しいのですね・・
ズッパ、とっても美味しそうです!!デザートは食べられていないのですか?

◆はーるんさん
前半は軽い感じだったのですが、なぜか後半・・。なにが問題だったのでしょうか。

デザートも食べてますよ。でも今回は写真なしにしました。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)