2009年12月25日

鳥藤分店 築地

魚市場、野菜市場(やっちゃば)、船着き場、神社などなどを案内していただいた後、場外市場の方に移動した。年末ということもあり、市場はいつも以上に混み合っている。鰹節を見たり、漬物を買ったりして築地を満喫。途中、カツオやアゴなどの粉末を売る店で、ダシについて質問した。すると、店の方が奥から出てきて、「よーし、じゃあ教えてやろう」と、突然レクチャーがはじまった。これがまた、目から鱗の素晴らしい講義。コンブ+カツオ+アゴ・・と、様々なパターンで各国のスープを解説してくれた。そこで鰹節の粉末を購入して、お昼ご飯の店、鳥めし 鳥藤分店に向かった。

ぼんじり丼温玉のせ

水炊き
鳥藤分店は、築地場外市場で鶏肉の業務用卸を営んでいる鳥藤が経営する店。鶏肉卸業者の直営ということで、鮮度のよい鶏肉を使用することができる。つきじろうさんは、ぼんじり丼温玉のせ600円を注文。運ばれてきた時に、ものすごくいい香りがしてきた。これはうまそうだ。

水炊き850円は、トマ子さんが感動したメニュー。確かにこの値段にしてはかなり本格的。しっかりとダシをとったスープがうまい。これは温まる。冬の築地に来たら、この水炊きをまた食べたくなりそうだ。

青森シャモロックすき焼き

すき焼き玉子
青森シャモロックすき焼き1,200円は築地らしくていい。僕はこれが一番気に入った。玉子を掛けると、更に「築地に来たなあ」と実感できる。

築地といえば、寿司、魚というのが一般のイメージだろう。でも実際はちょっと違う。元々、市場で働く男たちが食事をする場所だけあって、すばやく食べることができて、コッテリとしているものが多い。魚市場の人たちは、高い寿司なんか食べないだろう。どちらかというと、牛丼をかき込んで仕事に戻る姿がふさわしい。

僕のイメージでは、築地といえば牛丼だ。吉野家の一号店も築地にあるし、他にも牛丼の店がいくつかある。場外の「大森」は、牛丼とカレー半々で食べる「あいがけ」発祥の店。やはり牛丼は、築地を代表する食べ物に違いはない。煮込やカレーなども築地らしい食べ物だ。

鳥藤分店は、そういう築地のイメージを表している店の一つだと思う。寿司、魚というのは、築地のキーワードには違いないけれども、それだけではない。本当の築地の姿を知る入口になる店として、鳥藤分店は初心者にはちょうどいい店だ。たぶんそういう意味で、つきじろうさんがこの店をセレクトしたのかなという気がする。

そして、次の店へ・・。つきじろうツアーの宿命なのかも。。


■店名:鳥めし 鳥藤分店 (とりめし とりとうぶんてん)
■住所:東京都中央区築地4-8-6
■電話:03-3543-6525
■営業時間:7:30~14:30
■定休日:日曜・祝日・市休日


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/642

コメント

おおお、出汁のレクチャーのお店、もしかするとあそこかな?とニヤリ。
(お塩も売ってるお店でしょうか?)
築地のお店のプロフェッショナルぶりが大好きです。出汁レクチャーもそうだけれど、牛丼やトリのすき焼きにも築地らしさを感じます。大森の牛丼も本当に美味しくて好きです。
そろそろ築地も年末の混雑が激しくなってきました。今日行ってきましたが活気がすさまじく、築地らしさがさらにパワーアップしていました。

こんばんは。そしてメリークリスマス☆

とりすき焼、美味しそうですね~!おせち料理に飽きたら家でやってみるのもいいですね。

築地といえば一般的には海鮮丼、寿司のイメージですが、私はブロガー様方の影響で築地といえば喫茶店、洋食、そして鳥藤の様なお店を想像してしまいます。

つきじろう様のツアーに参加するには胃袋を鍛えなければいけませんね・・くに様なら何の問題もなさそうですね^^

わずか半日の築地歩きが、こんな大型の連載になるとは!(汗
すっごく感激です。ありがとうございます!!

「鳥藤」を、本当の意味で「築地らしい」と言って下さるのは嬉しいです。
人によっては「せっかく築地に来て、なんで魚以外を食べるの?」って
不満な顔をするでしょうから。
でも、ここは観光地である以前に「市場」ですから。働くオジサンたちに
喜ばれるメニューってのが食堂の基本ですね♪

・・・ところで「つきじろうツアーの宿命」って(汗

「鳥藤」の水炊き、この値段でこの内容はいいですね~
実は同じ日に行った気がする(私が食べたのは朝だけど)

“宿命”はくにさんだからその運命を受け入れられるもの。
私のような軟弱者にはとてもとても。。。

「水炊き」食べたいのですが行く度に売れ切れで未だに食べられずいます(涙)
またアタックしてみます!

◆midoriさん
ダシのレクチャー、そうあの店です。築地の年末すごいですね。僕も先日行きましたが、あの混雑じゃあ年末年始は行く気になれませんね。

◆はーるんさん
いやいや、お腹いっぱいです。築地といえば、寿司・魚。そのイメージを覆すほどのパワーが築地のブロガーさんたちにはありますね。これはすごくいいことだと思います。

◆つきじろうさん
「せっかく築地に来て、なんで魚以外を食べるの?」・・確かにそう思うでしょうね。「働くオジサンたちに
喜ばれるメニュー」。だからこそ、魚については厳しいということで、築地といえば魚というのも大正解ではあります。しかし築地の食文化は奥深く面白いですね。

◆ロレンスさん
えー、同じ日でしたか。「鳥藤」の水炊きいいですよね。一緒に「宿命」を受け入れてください!笑

◆釣りキチ四平さん
なんと未食でしたか。ぜひ一度!僕は次回はぼんじり丼を食べたいです。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)