2010年02月08日

らーめん 大喜 湯島 2

シンスケや鍵屋、琥珀、ESTなど有名な酒場が軒を連ねる街、湯島。ここには居酒屋だけでなく、多くの名店がひしめく街です。もちろんラーメンも例外ではありません。とりそばで有名な大喜、坦坦麺の阿吽、二郎系のぽっぽっ屋など、個性的な人気店が多くあります。中でも大喜は長年ラーメン界を牽引してきた名店です。昼間のものすごい行列を見ると、並ぶ気をなくすほどですが、夜は比較的落ち着いています。

10020401

10020402

10020407
券売機には酒類のメニューはあるものの、人気ラーメン店では、早く食べて早く席を立つのが基本。せいぜいビール一杯くらいにしておくべきでしょう。ところが夜の大喜には、本格的にお酒を飲みにくる人たちがいます。大半はラーメンを食べに来るお客さんですが、奥のテーブル席はほとんど居酒屋のようになっています。

味付玉子100円、焼餃子400円、中生ビール500円などを注文。まずはこのへんから飲み始めます。先にレモンサワー&ウーロンハイ400円の食券を3枚ほど購入しているので、そのままおかわりができます。味玉で酒を飲むというのも時にはいいものです。ラーメン店でこういう飲み方をすると、大人になったなあという気がしてきます。

大喜でオススメなのが、焼餃子です。野菜のシャキシャキ感がよくて、結構旨い。レモンサワーにもよく合います。食券がなくなると現金で追加注文します。ほとんどがレモンサワー。「2杯目お願いします」と言って、5杯目か6杯目を注文。そのうち店員さんも「はい、2杯目ね」と言って持ってくるようになります。ここは店員さんとのやりとりも楽しい。ついつい長居してしまうのは、そのせいでもあるでしょう。

とりそば

ドルスペ

10020406
シメはもちろんラーメン。とりそば(塩味)850円の旨さには改めて驚かされました。このスープの完成度は高い。まさかこれほど旨かったとは。やはり大喜の名声を不動のものにした名品。迫力が違います。今回の目玉は、毎週のように大喜に飲みに行っている大常連、どるふぃんさん専用のメニュー「ドルスペ」を食べることです。ドルスペは、具なしの「うめしおらーめん」に油揚げを入れたもの。うめしおらーめん780円の食券で注文することができます。油揚げを入れると意外と旨味が出ます。梅の香りと合わさって、見た目の素朴さからは想像できないくらいの個性的な味。これも癖になるほどの旨さです。どるふぃんさんは、大喜Tシャツを着てきていました。これはいろんな有名ラーメン店が大喜さんのために作ったTシャツ。大喜さんの存在の大きさがよくわかるエピソードですね。

【以前の記事】
らーめん 大喜 湯島 2
高円寺 らーめん横丁 とりそば 大喜庵
らーめん天神下 大喜 湯島

■店名:らーめん天神下 大喜
■住所:東京都文京区湯島3-47-2白木ビル1F
■電話:03-3834-0348
■営業時間:11:30~15:00 17:30~22:00(月~金、土曜日は21:00まで、祝日は昼間のみ営業)
■定休日:日曜


大きな地図で見る


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/669

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)