2016年06月21日

ワイン to ごちそう しょうがの香り。 六本木

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ちょうど1年前に試食会に参加させてもらった「しょうがの香り。」。最近リニューアルして「ワイン to ごちそう しょうがの香り。」に生まれ変わったという連絡をいただいた。

「しょうがの香り。しゃぶ」など人気メニューはそのままで、新メニューを40品ほど新たに加えているそうだ。元々料理は何を頼んでもかなりクオリティが高いので、新メニューにも期待が持てる。

今回のリニューアルで注目したいのは、店名に「ワイン」が付いたところだろう。気軽にワインがたくさん飲めて、「肉も、魚も、野菜もうまい」お店を目指しているという。

とにかく生姜に対するこだわりはすごい。店内には、「しょうがの効能」という掲示物があって、「しょうがで美人に」、「しょうがでダイエット」、「しょうがで冷えをとる」、「しょうがで免疫力アップ」、「しょうがで健康維持」と書かれている。それぞれ説明書きがあるのだが、例えば「しょうがで美人に」というのは、生姜の成分が新陳代謝を高め、肌の老廃物を取り除くので、美人になるということらしい。「しょうがでダイエット」というのは、生姜に含まれるジンゲロンという成分が脂肪を分解し、燃焼しやすくなるということだ。

「くにろく」を見て来ました!というと、もれなく「生姜ハチミツ」がもらえる。それから飲食代が10%OFFになるそうだ。特に期限はないそうだが、気になる方はお早目に。

★「くにろく」を見ましたと言うと、
①生姜ハチミツ(170g入り)プレゼント
② ご飲食代 10%OFF


ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
まずはメニューから白ワイン「ミシェル リンチ オーガニック ブラン」を注文。グラスワインは赤白ともに4種類と泡が1種類。その合計9種類の中で4種類が500円、3種類が600円、一番高いのが700円で2種類。かなり安くておいしいワインを選んで置いてある。

ワインリストを見ると、ボトルもそれほど高くはない。ワインチャートなどもあって、ワインメニューはとても親切な構成になっていた。ちなみに、ワインの持ち込みは1本につき+1,000円。全体的に良心的な価格設定だと思う。

ワインのお通しには、チーズとフルーツ。これに生姜ハチミツをつけて食べる。この生姜ハチミツがプレゼントでもらえるのだ。量は結構たっぷりとある。結局、すべてのチーズとフルーツに生姜ハチミツをつけることになった。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
いろんな種類がある鉄板料理の中から「豚肩ロースのポークケチャップ」をチョイス。150gの豚肩ロースが食べやすく切られていて、甘みとコクのあるソースが絡む。これには赤ワインだろうということで、先ほど美味しくいただいた「ミシェル リンチ オーガニック」の赤ワイン「ミシェル リンチ オーガニック ルージュ」をいただくことにした。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
「ロメインレタスのシーザーサラダ」は、シャキシャキのロメインレタスにチーズやベーコンがたっぷりと入ったボリュームのあるサラダ。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
魚は各地の魚河岸から仕入れているそうで、かなり期待が持てる。見た目のカッコいい「メリメロカルパッチョ」にするか、普通に「鮮魚の刺身」にするか迷ったが、結局鮮魚の刺身の5点盛りをお願いすることにした。

カンパチ、初ガツオ、マグロ、炙りホタテ、マダイ。刺身はどれも肉厚で新鮮。これはオススメだ。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
餃子は「胡麻ダレもちもち水餃子」も美味しそうだったが、「焼き餃子 生姜味噌タレ」にしてみた。三杯目は泡。スペインのスパークリング「ヴァレロ カヴァブリュットNV」だ。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
いよいよメインの「2色のしょうがの香り。しゃぶ」。「豆乳胡麻スープ」、「火鍋スープ」、「元祖!黄金スープ」から2種類を選ぶ。今回は「火鍋スープ」と「元祖!黄金スープ」にしてみた。結構お腹もいい感じなので追加はしないが、野菜盛り合せ、きのこ盛り合せ、水餃子、おろし生姜、エリンギ、しめじ、エノキなどトッピングはいろいろと用意されている。

メニューによると、鍋の食べ方は、スープを沸かした後、まずはレタスを鍋にいれる。レタスは大量にあるから、気にせずドンドン入れる。レタスを十分にゆがいた後にお肉を入れるという順番だ。生姜と豚肉の相性は抜群で、豚肉のうまさを生姜が引き立ててくれるという印象だ。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
ボトルで「ドメーヌ ダニエル セギノ シャブリ プルミエ クリュ フルショーム」をチョイス。ドメーヌ ダニエル セギノ は醸造家姉妹で注目されている。姉妹の活躍で2年連続でジュンヌ・タレントを受賞した注目のドメーヌだ。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
シメは「生姜麺」と「雑炊セット」がある。火鍋スープで麺を食べると美味しそうだなとずっと思っていたのだが、黄金スープで雑炊というのも捨てがたい。こういう時は両方頼んでみるものだ。生姜麺はほんのりと生姜の香りがする面白い麺。やはり火鍋スープにバッチリと合っている。黄金スープの滋味と雑炊の組合せも最高。このシメは定番になりそうだ。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
デザートは3種類。冷たいバニラアイスに熱々の珈琲を掛けて食べる「アフォガード」、生チョコに近い半生のガトーショコラが濃厚な「チョコレートのテリーヌ」、ほろ苦のエスプレッソと自家製クリームが抜群の「ティラミスパンケーキ」。どのデザートもクオリティが高くて、本当に驚くほど。居酒屋でこのレベルのデザートが出ることはまずないと思う。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。

ワイン to ごちそう しょうがの香り。
席は簾で仕切られていて、隣を気にせず食事ができるようになっている。ちょっと見えづらいが、奥のハンガーの向こう側は外が見えるカウンター席になっていて、カップル専用の席のようになっている。他にも広い個室があったりして、この日も若い人たちの宴会が催されていた。この店を選ぶ幹事はなかなかできる人だ。その辺の居酒屋と同じくらいの金額で、美味しい料理とワインが飲めるのだから。たぶん参加者もかなり満足して帰ったと思う。

■店名:ワイン to ごちそう しょうがの香り。
■住所:東京都港区六本木5-2-1 ほうらいやビル2F
■電話:03-5772-7280


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://kuniroku.com/mt/mt-tb.cgi/1197

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)